スノーボード初心者上達の方法!

スノーボード初心者が上達する為の方法やギア選びなど迷いを解決するスノーボード初心者さんの為のサイトです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スノーボードで初心者が簡単にターンをマスターする方法

■スノーボードで初心者が簡単にターンをマスターする方法




スノーボード初心者が最初からきれいなターンができるわけではありません。私ももちろん初心者の頃は上手にターンをすることができず、あれこれ色々と考えながら習得していきました。

ゲレンデに行くと上手なスノーボーダーは沢山いて、皆簡単そうにターンをしているのになぜ自分はできていないのかと悩むこともよくあります。

そこで私はターンができるようになるためにある方法を練習しました。


スノーボード上達革命【プロスノーボーダー松本佳之 監修】DVD2枚組

■理想のターン

上手なスノーボーダーがいとも簡単にターンをしているのを見たことがあると思います。簡単に軽くそして自然にターンをすることができているので、自分との差は何だとろうと考えてしまうこともありますよね。

私は我流でスノーボードを覚えましたが、最初はもちろんきれいなターンなどできませんでした。しかし、ターンをする方法を身につけてからは徐々に身体で理想のターンを覚え始めたので現在は簡単にターンをしています。

では、理想のターンとはどのようなターンでしょうか?

スノーボードでもスキーでも同じなのですが、理想のターンは「体重移動」だけで行うターンです。

例えば山側へターンしたい時にスノーボードであればつま先側に体重を乗せてヒール側(かかと側)が雪面から離れるように重心をかけます。逆に谷側へターンをする時はヒールが輪に体重をかけてつま先を少し上に引き上げるようにします。

この体重移動がスムーズにできて、切り替えも簡単にできるようになればターンの技術は一気に向上します。

しかし、スノーボード初心者の方は簡単に体重移動ができないのでターンが難しく思えてしまうのです。スノーボードは基本的に重心はボードの真ん中に置きますが、スピードが出てしまうとつい怖くなって後傾になってボードがコントロールできなくなってしまいます。

こうなると体重移動だけではターンをするのが難しくなってしまうので、ターンが難しく感じてしまうようになるのです。スノーボードのターンの最終的な形は「重心移動でターンをする」ということを覚えておいて下さい。

■初心者でもすぐできるターン


wsport05 044 / sebas


では、スノーボード初心者でも簡単にターンができる、その場ですぐできる方法について解説します。その場でターンをすることができるようになるためには、滑るスピードをできるだけ落としてターンの練習をします。

まず滑る際の後ろ足を動かすということを覚えて下さい。

レギュラースタンスであれば「右足」、グーフィースタンスであれば「左足」をスライドさせるのです。もっと分かりやすく言うと、後ろ足を前に出したり後ろに引いたりするのです。

レギューラースタンスで説明しますが、山側へターンをしたい時は右足を背中側にゆっくりスライドさせます。このときかかと側ではなくつま先立ちを意識すればエッジが引っかかることもないので、両足でつま先立ちの形を作り右足をゆっくり後ろに引いてボードが斜面に対して右斜め前に向くようにしましょう。

反対に谷川へターンをしたい時は右足を前にスライドさせ、ボードの向きが左斜め前に向くようになるまでスライドしていきます。このときはつま先を真上に向けるようにして、かかと側に体重をかけつま先側のエッジを浮かせば逆エッジにはなりません。

このように後ろ足を前、後ろとスライドさせることができるようになれば、ターンはできてしまいます。また、いきなり練習するのではなく、木の葉滑りでボードの使い方を覚えてからやるとより早く上達できます。

この方法は「初心者の方でも簡単にターンができる方法」ではありますが、最終的な形ではありません。

しつこいようですが、最終的には重心移動だけでターンをすることをマスターしなければなりません。ただ、それをマスターするまでには時間がどうしてもかかります。スピードに慣れなければ行けませんし、エッジの使い方を覚えなければなりません。

一度や二度の練習ではマスターすることが難しいとも私は思います。であれば、まずは簡単なターンを覚え、滑る楽しみやスピードに慣れてからの方がマスターしやすいと思うので、ゲレンデに行ったら試してみて下さい。

意外と上手いスノーボーダーでも初心者の頃はこのスライドターンで滑っていた方も少なくありません。実際にゲレンデに行くと多くの人が実践しているのを目にすると思います。

私は初心者の頃はスノーボードの上達はもちろん大切ですが、それよりもまず「滑っている感覚」や「滑れることの気持ちよさ」を実感して欲しいと思っています。



関連記事

| ターンの仕方 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snow0901.blog65.fc2.com/tb.php/98-498338ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。