スノーボード初心者上達の方法!

スノーボード初心者が上達する為の方法やギア選びなど迷いを解決するスノーボード初心者さんの為のサイトです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スノーボードスタンスの決め方

■スタンスの決め方




初めてスノーボードをする際、重要なのがスタンス決めです。

多くの人が、自分はどちら向きで滑れば良いのか迷うと思います。
僕も初めてスノーボードをする際に、どちらのスタンスが良いか迷いました。

今回は初心者さんにも分かりやすいように、スタンス決めのコツをお伝えします。


スノーボード上達革命【プロスノーボーダー松本佳之 監修】DVD2枚組







■スタンスの種類


スタンスには2種類あります。
左足を進行方向に対して前にし、右足を後ろにするのが「レギュラースタンス」です。逆に、右足を進行方向に対して前にし、左足を後ろに滑るのが「グーフィースタンス」です。

野球でも右打ちと左打ちがあるように、スノーボードでも進行方向に対して左右どちらの足を前にするかで、スタンスの呼び方が違ってきます。どちらかが有利、不利という事はありませんので、滑りやすい方向をメインスタンスにすれば良いのですが、初めてスノーボードをする際は、どちらが滑りやすいかも分からないと思うので、参考にして下さい。


■スタンスを決める方法


スタンスの向きについては諸説あるのですが、一般的には自分の利き足を後ろにするスタンスが良いと言われています。

つまり、右足が利き足の人は右足が後ろにくる「レギュラースタンス」が良いです。
反対に左足が利き足の人は、左足が後ろにくる「グーフィースタンス」が良いです。

では、自分の利き足はどちらでしょうか??
サッカーをやった事がある方は分かるかも知れませんが、ボールを蹴る方の足が利き足です。サッカーをした事がない場合は、後ろから人に押された際、とっさに前にでる足が利き足となります。後ろから人に押される事で確認もできるのですが、これは意識をしてしまうと上手く確認できませんので、意識せずにやってみて下さい。

もう一つの確認方法としては、片足で立った際違和感なく長く立っていられる方の足が利き足になります。
利き足の確認はできましたでしょうか?

スノーボードを滑る上で重要なのは、体重の移動と上半身と下半身のバランスの取り方になる訳ですが、上手くなるとジャンプしたりする事もあり、その際後ろ足が利き足のほうが高くバランス良く飛べるので、利き足を後ろにするスタンスが重要です。また、最初のうちは後ろ足を使ってボードをコントロールしようとする事が多いです。
その際、利き足が後ろのほうがコントロールしやすい為利き足を後ろにするのが良いでしょう。






■スタンス幅について


次にスタンス幅(前足と後ろ足の幅)ですが、1番バランスが取りやすいのは肩幅より少し広くスタンス幅をとった方が良いでしょう。

スノーボードはボードを踏み込む事があるのですが、スタンス幅が狭いと力が入らなくなります。逆にスタンス幅が広すぎるとバランスが取りにくくなるので、肩幅より少し広めにセッティングした方が良いです。

以前は肩幅と言われていましたが、最近は肩幅より少し広めが主流ですし上手くなってグラトリをする際も肩幅より少し広めの方がボードを回しやすくなるのでオススメです。


■バインディングの角度は


最後にバインディングの角度ですが、初心者の方でよくあるのが前足と後ろ足が共に進行方向を向いている状態でセッティングされています。これは決して間違いではありませんし、量販店等に行ってセッティングしてもらうと
ほとんどが同じ方向を向いてセッティングされます。なぜなら、進行方向が決まるとその方向を向いて滑る事以外は想定されていないからです。

ですが、僕は左右が反対方向を向いているダックススタンスと言われているセッティングをオススメします。
分かりやすく言うと、ガニ股スタイルです。このスタンスは、左右の足のつま先が開いているので逆方向でも滑る事ができます。同じ方向に向けてセッティングしても逆方向で滑れなくはありませんが、かなり滑りづらいです。

また、上達すると普段とは逆向き(スイッチ)で滑る機会もあるので、最初からガニ股スタイルでセッティングした方がよいのです。

僕は、レギュラースタンスですが、バインディングの角度は前足が12度、
後ろ足が-12度で完全に左右対称のセッティングにしています。


P1000084.jpeg



一般的な初心者用のボードのバインディングの角度は前足21度、後ろ足6度くらいでしょうか。レンタルボードもこのようなセッティングになっています。

スタンス選びで重要な事は、
1.レギュラースタンスかグーフィースタンスかを決める。
2.スタンス幅を肩幅よりも少し広めにセッティングする。
3.バインディングの角度をダックススタンスになるようにセッティングする。


以上になります。

バインディングの角度については、滑りやすい角度があるので実際に滑ってみて自分が1番滑りやすい角度に調節すれば大丈夫です。ただし、ガニ股スタイル、ダックススタンスの方が長い目でみれば良いと思うのでオススメです。


続いてスノーボードのバランスの取り方








関連記事

| スタンスと姿勢 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snow0901.blog65.fc2.com/tb.php/19-67bc5a1d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。