スノーボード初心者上達の方法!

スノーボード初心者が上達する為の方法やギア選びなど迷いを解決するスノーボード初心者さんの為のサイトです!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゲレンデでの注意事項

■ゲレンデでの注意事項





初心者の方がゲレンデに出る際注意すべき項目がいくつかあります。
ゲレンデのマナーでもありますね。

悲しいことですが中、上級者の人でもマナーを守れていない人が沢山いるのも事実です。。。ゲレンデのマナーをしっかり守って、楽しく、カッコいいスノーボーダーになりましょう。

スノーボード上達革命【プロスノーボーダー松本佳之 監修】DVD2枚組




■きなりリフトには乗らない事


初めてゲレンデで滑る際、注意すべき点としていきなりリフトに乗らない事です。全く滑り方も分からない状態でリフトに乗っても、リフトから降りる事ができずリフトを止めてしまう原因になり他のスノーボーダーやスキーヤーの方々に迷惑をかけてしまいます。

早く滑りたい気持ちは十分に分かるのですが、まずは基本中の基本の片足スケーティングの練習をしてからリフトに乗るようにしましょう。ゲレンデに行くと、1番下のリフトの横に初心者用のスペースがあります。もし、スペースが見当たらなくてもリフト付近は少し広く作られているのでまずはそのスペースでスケーティングの練習をしましょう。片足スケーティングで真っすぐ滑れるようになれば、リフトに乗っても大丈夫です。

片足スケーティング

■最初は初心者用ゲレンデで練習する事


次にゲレンデでの滑る場所に関してですが、まずは初心者用のコースを滑りましょう。いきなり急な斜面のコースは絶対に滑れませんし、転倒して大けがの原因にもなってしまいます。また、早く上達したいのであれば基礎をしっかりと習得した方が良いので、緩やかな斜面の初心者用コースで基礎をしっかりとマスターしましょう。

僕の友人で初めてスノーボードをした人が、いきなり急斜面に連れて行かれおりて来れず滑らず歩いておりてきたという話を聞きました。怪我は無かったので笑い話ですが、怪我をしていたら大変な事です。本人も痛い思いをしますし、一緒に行っている友人も楽しめなくなります。また、スノーボードは斜面を滑るスポーツなのに、歩いておりてくるのでは全く上達しません。
最初は初心者用のコースで、しっかりと基礎の練習をした方が上達への近道という事です。






■周囲を確認してから滑る事


3つ目に、ゲレンデで練習をする際ですが、周りに人がいないかどうかを確認してから滑り始めて下さい。なぜなら、最初から上手く滑れる人はいませんし、始めはボードをコントロールする事が難しく自分が思っている方向に進むのも難しいと思います。

そんな段階で周りを気にせず滑り始めてしまったら、周囲の人と激突し大けがをする可能性があります。初心者の時だけではなく、上手くなっても必ず周囲を確認してから滑る癖をつけて下さい。本当に上手い、カッコいいスノーボーダーは周りの状況を良く見ています。常に周囲に気を配って、他人の迷惑や他人に激突しないよう注意深く滑っています。必ず周囲を確認してから滑る練習をするようにして下さい。


■山を汚さない事


4つ目は基本的な事ですが、山を汚さないようにしましょう。
たまに見かけるのですが、リフトに乗りながらタバコを吸ってそのタバコをポイ捨てするような残念なライダーもいます。本当に見てて情けなくなります。。。

奇麗な山があって初めて皆さんはスノーボードを楽しめる訳です。山はキレイに保たなければいけません。必ず決められたルールに従って、スノーボードを楽しむようにしましょう。




■まとめ


以上の事をまとめると、初心者さんがゲレンデで注意する事は、
1、いきなりリフトには乗らない
2、最初は初心者用のコースで練習する
3、周りの状況を良く確認してから滑り始める
4、基本的なルールをきちんと守る


当たり前のようですが、できない人も沢山います。しかし、上手なスノーボーダーは必ず基本的なマナーを守ってかっこ良く滑っているのも事実です。是非しっかりと注意事項を守って、楽しくスノーボードをしましょう。


続いて
滑る前のウォーミングアップ







≫ Read More

スポンサーサイト

| ゲレンデでの注意事項 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コース外滑走の危険性

■コース外滑走の危険性






スノーボードシーズンに入り、様々なニュースでスキー場での事故について報じられています。怪我はもちろんですが、未然に防ぐことができる事故があります。それは「コース外滑走」です。スキー場では滑れるコースは決まっていますが、コース外滑走をする人は年々増えてしまっています。
今日はコース外滑走の危険性について紹介します。

≫ Read More

| ゲレンデでの注意事項 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分よりも下を滑っている人が優先

■自分よりも下を滑っている人が優先




ゲレンデに行くと多くのスキーヤーやスノーボーダーがいます。特に1月〜3月はハイシーズンなので、土日ではなくてもかなり混雑していることがよくあります。

リフトに乗るにも10分待ちという状態も珍しくないくらい多くのスキーヤーやスノーボーダーでゲレンデは賑わっています。

そんな中で、スノーボード初心者ではなくても必ず守らなければならないルールがいくつかあります。ルールを無視した滑りは他のスノーボーダーにも迷惑がかかるので、ルールは必ず守って下さい。

≫ Read More

| ゲレンデでの注意事項 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コース内で休憩するときは端による

■コース内で休憩する時は端による




スノーボードを楽しむためには、ゲレンデ内での最低限のルールを守る必要があります。ルールを守らず練習してしまうと他人の迷惑になるばかりか、接触して大怪我をしてしまう可能性も十分考えられます。

スノーボードが上手い人ほどゲレンデではルールを守って滑っています。私も長いことスノーボードをやっていて思うのは、ゲレンデルールが守れていない人ほど怪我をしやすく、大きな事故に繋がる行為をして人に迷惑をかけています。

≫ Read More

| ゲレンデでの注意事項 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。